Den Steinen zuhören / Listening to the Stones / 石に耳を澄ます

Kunsthause Dresden
「Den Steinen zuhören / Listening to the Stones / 石に耳を澄ます」(ドレスデン、ドイツ)
2021年11月20日(土)- 2022年3月6日(日)
※休館していたKunsthause Dresdenが1月15日より再開されました。

https://kunsthausdresden.de/veranstaltungen/den-steinen-zuhoeren-listening-to-the-stones/

Exhibition on the occasion of the 30th anniversary of the Kunsthaus Dresden in 2021
Yoav Admoni, Maria Thereza Alves und Jimmie Durham, Marie Athenstaedt, Alice Creischer & Andreas Siekmann, Lucile Desamory, Hatakeyama Naoya, Horikawa Michio, Hsu Chia-Wei, Koike Teruo, Alicja Kwade, Miyakita Hiromi, Munem Wasif, Sybille Neumeyer, Kadija de Paula & Chico Togni & FELL, Mathis Pfäffli, Erika Richter, Shitamichi Motoyuki, Suzuki Akio, Tang Han, Zhou Xiaopeng, Stephanie Zurstegge



Akio Suzuki “hi zu mi – 2″ (2021) photo by Anja Schneider

展覧会ビデオドキュメンテーション「Listening to the Stones」
https://www.youtube.com/watch?v=WSC7nqNUti8

クリスチャン・マークレー 《Found in Odawara》

小田原文化財団 現代アートプロジェクト vol.2
「クリスチャン・マークレー 《Found in Odawara》」

開催日時: 2021年11月27日(土)13:30~16:30
      2021年11月28日(日)13:30~16:30
会場:   小田原文化財団 江之浦測候所
チケット: 3,300円(江之浦測候所入館料含む)
出演者:  クリスチャン・マークレー、大友良英、巻上公一、鈴木昭男、山川冬樹、山崎阿弥

チケット発売日: 10月29日(金)10:00より発売予定 ※先着申込制
https://www.odawara-af.com/ja/news/christian_marclay-2/

https://tokion.jp/2021/10/14/foundinodawara-christianmarclay/

「Found in Odawara」のレポートが掲載されました。
ウェブマガジン Casa BRUTUS  https://casabrutus.com/art/213462
美術展ナビ https://artexhibition.jp/topics/news/20211216-AEJ602853/

bonn hoeren urban sound art

bonn hoeren urban sound art (ボン、ドイツ)
LISTENING / HEARING
international symposium bonn hoeren

2021年10月20日-23日

https://www.bonnhoeren.de

2018年に、bonn hoeren urban sound art より招待され、Kunstmuseum Bonnにて “ Observatory of Sprits “ 及び “ ko da ma “を発表。
https://www.bonnhoeren.de/2018-2/bonner-stadtklangkunstler/klanginstallation
10周年となる昨年に、シンポジウムが予定されていましたが、新型肺炎感染拡大のため延期となりました。変異株の流行や、渡欧・帰国の折の隔離処置など色々と不確定な状況のため、出席を見合わせることにしました。代わりに作品 “ Wave quartet – 2 “を現地に送り、当初デュオ・パフォーマンスを予定していた Max Eastley にそれの演奏が委ねられるそうです。

bonn hoeren 2018: akio suzuki “observatory of spirits / ko da ma” ビデオドキュメント
https://vimeo.com/332939776

チャリティーシャツ支援金が熱海市に届けられました

PROJECT ATAMI アーティストチャリティーシャツ
熱海市豪雨災害支援のため、7月4日〜17日まで実施した「アーティストチャリティーシャツ」の支援金が静岡県熱海市に届けられました。
https://projectatami.com/update/413/?fbclid=IwAR1I7kziDA2Wyf2MLK9prNqb8c7YEfvXhOg-SxPOrYHR4H8kLM1-P8rb9Og

今後もPROJECT ATAMIとして被災地支援のため、アーティストチャリティーシャツの販売を継続し、売上の20%を支援金として寄付することになりましたので、引き続きどうぞよろしくお願いします。
https://projectatami.thebase.in/categories/3609440
※受注販売のため、商品の発送までには約3週間ほどかかります。

一日も早く被災地の復興が進みますよう、お祈り申しあげます。

アートオブリスト2021「鈴木昭男 | 音のみちくさ「点 音」in 大府」

アートオブリスト2021「鈴木昭男 | 音のみちくさ「点 音」in 大府」
https://artobulist.jimdofree.com
Art Obulistは、美術館のない愛知県大府市でこその可能性を模索するアートプロジェクトであり、2016年より同時代の美術/文化を発信し続けています。
2021年度には先年度のプレ展に続き「鈴木昭男⎢音のみちくさ」展を開催します。中心となるのは代表作の「点 音」。秋空の下、大府駅周辺各所の14箇所のエコーポイントマークがみなさんをお迎えします。さらに、「点 音」の源流をたどる資料展示のほか、鈴木のかつてのアトリエ「コピショップ」を模した小屋では鈴木自身がインスタレーションを展開。その他、サウンドパフォーマンス、「点 音」ワークショップ、鈴木との一問一答による本づくりワークショップ、そして最終日には鈴木が設計・建設してきた数々の小屋をめぐるトークイベントも。みなさま、奮ってご参加ください。
展示「昭男さんをたどる−「点 音」と小屋」
日時:2021年10月9日(土)―11月7日(日) 10:00-16:00 月曜休館
会場:大倉公園休憩棟(大府市桃山町五丁目74番地)
料金:無料

〈 関連イベント 〉
✓ サウンドパフォーマンス&アーティストトーク「め ぐ る」
日時:10月9日(土) 16:00–17:30
出演:鈴木昭男+宮北裕美(ダンサー)
会場:大府市役所1階市民健康ロビー
定員:50名(先着順) 料金:無料

✓ ワークショップ1「昭男さんに教わる「点 音」の歩き方」
日時:10月10日(日) 10:00–11:30
11月6日(土)10:00–11:30/14:00–15:30
場所:大府市役所集合
定員:各回10名(先着順) 料金:300円(当日集金)

✓ ワークショップ2「昭男さんとつくる《みちくさノート》」
日時:10月10日(日) 14:00–16:00、11月7日(日)10:00–12:30(全2回)
場所:大倉公園管理棟
定員:15名(先着順、小学3年生以下は保護者同伴) 料金:500円(当日集金)

✓ 座談「tiny house tiny talk」
日時:11月7日(日)15:00–16:00
出演:鈴木昭男+渡辺英司(アートオブリスト実行委員長、アーティスト)
場所:大倉公園休憩棟
定員:20名(先着順) 料金:無料


お申込:9月9日(木)より受付開始
申込電話、申込フォームまたは直接窓口にてお申し込みください。 電話:0562-45-6266(大府市役所文化交流課)
申込フォーム:https://r.qrqrq.com/rkPre1xE
窓口:大府市役所3階文化交流課(平日開庁時間内)

ALLNIGHT HAPS 2021 #1

ALLNIGHT HAPS 2021「彼は誰(かわたれ)の街に立つ」#1 鈴木昭男
会期:2021年8月1日(日)〜 9月11日(土)
展示時間:18:00〜9:30(翌日朝)
会場:HAPSオフィス1F(京都市東山区大和大路通五条上る山崎町339)
※HAPSでの展示と並行して、ある場所に佇んで周辺の音に感覚を開くシリーズ【鈴木昭男「点音」 in 六原学区・京都】(9:30- 19:00)を開催中です。展示と合わせてぜひご体験ください。企画:河原功也
http://haps-kyoto.com/allnight-haps-2021/



[レビュー] 路上の音体感 都市を再発見

9/ 3, CD ” Breathing Spirit Forms” David Toop, Akio Suzuki, Lawrence English リリース予定.

デイヴィッド・トゥープ + 鈴木昭男 + ローレンス・イングリッシュ
「BREATHING SPIRIT FORMS」
ROOM40(オーストラリア 2021)
限定盤ブックレット + CD + ミニポスター付
https://room40.bandcamp.com/album/breathing-spirit-forms
 ローレンス・イングリッシュに招かれてブリスベンに飛んだのは、2013年のこと。ロンドンからは、デイビッド・トゥープが呼ばれていた。そして、ローレンスとの三人で深い森を散策し、音遊びをしたりくつろいだりのコテージ住まいが始まった。ディビッドは、ビーガンなので、クッキング上手な彼に台所を任せたところ、素晴らしいディナーになったのを覚えている。その時、ぼくが子供時代からずっと気にかかっていた話をした。
 母に連れられて町の手相見を訪ねたことがあったけれど、そのおじさんが当時 11歳のぼくを見るなり「おまえさんは、72歳の夏に死ぬ !」と占ったのだ。「それが、とても気がかりでネ」と言うぼくに、「アキオ、ここは南半球で、今は冬なんだから、もう通り過ぎたじゃないか」と、デイビッド。
 この音を聴いていると、清々しく過ごした日々が蘇ってくる。
鈴木昭男

オーストラリアのタンボリン‐マウンテン(Tamborine Mountain)にて2013年に録音。
限定ブックレットには、デイヴィッド・トゥープのエッセイ、鈴木昭男のドローイング、ローレンス・イングリッシュのフォトドキュメントがおさめられ、3名のアーティストの交流が綴られている。

『波 の う つ し』/『点 音 “o to da te”』in ニュー アカオ

鈴木昭男、宮北裕美 パフォーマンス『波 の う つ し』
7月3日(土)11:00〜 / 15:00〜
7月4日(日)11:00〜 / 15:00〜
※ 土砂災害の影響により4日は中止となりました。


『点 音 “o to da te”』in ニュー アカオ
7月3日(土)4日(日)
9:00〜11:00 / 13:30〜18:00


https://projectatami.com/update/138/

https://www.facebook.com/events/291448172705578

https://note.com/projectatami/n/n48de830c9fa9

「点 音 “o to da te”」in ニュー アカオ (熱海)マップ


AKAO OPEN RESIDENCE #2 ありがとうございました
https://note.com/projectatami/n/nc05e1e246228

” m e r i d i a n s c e n e r y ” + “Live Ateliers Claus” CAFE OTO のレーベルからリリースされました.

” m e r i d i a n s c e n e r y ” + “Live Ateliers Claus” がCAFE OTO のレーベルからリリースされました。

Akio Suzuki – ” m e r i d i a n s c e n e r y “
https://www.cafeoto.co.uk/shop/akio-suzuki-m-e-r-i-d-i-a-n-s-c-e-n-e-r-y/


Akio Suzuki & Aki Onda – Live Ateliers Claus
https://www.cafeoto.co.uk/shop/akio-suzuki-aki-onda-live-ateliers-claus/

NUMBERS MATTER 121 – Episodes 2&3

IKLECTIK [off-site] presents,
NUMBERS MATTER 121 – Episodes 2&3
http://iklectikoffsite.org/numbers-matter-121-episodes-23/

Thursday 22 April 2021 / 4月22日(木)、4月23日(金)

Premiere screening 1pm (Uk time) / 22日9pm (日本時間)
https://youtu.be/yY0nrN66F6k

Second screening 8.30pm (Uk time) / 23日4:30am (日本時間)
IKLECTIK YT channel:
https://youtu.be/zd_LGlCQfxw
IKLECTIK FB PAGE:
https://www.facebook.com/IKLECTIK
IKLECTIK TWITCH channel:
https://www.twitch.tv/iklectik

Programme:

Episode 2
2-1 Hiromi Miyakita: Nutu/Omelette (14′ 03″) from Kyotango
2-2 Chiharu MK + Micelle: Re:vive (10′ 20″) from Sapporo
2-3 Akio Suzuki: Bakkutsu (莫窟) (13′ 05″) from Kyotango

Interval

Episode 3
3-1 Wei Wei aka VAVABOND: 懐中電灯/Lamp In Arms (11′ 44″) from Beijing
3-2 Chunyang Yao – Her/e (15′ 22″) from Guangzhou